茅ヶ崎市 人工透析 血液透析濾過 夜間透析 臨時透析 食事療法 「茅ヶ崎セントラルクリニック」

クリニック通信

クリニックのご案内

平成26年10月1日

 北海道の旭岳で平年より9日も早く初冠雪を観測した便りが届きました。各地から冬の便りが届き始めるこの時期、北からの気流が中央山脈に当たり、日本海側では雪を降らし、太平洋側には水分を失った空気が南下します。このため、関東平野には乾燥した空気が流れ込みます。この燥空気こそが最適な環境となり、インフルエンザウィルスが猛威を奮う季節になります。

 インフルエンザの予防対策として流行前のワクチン接種が一番有効です。
摂取による効果が出現するまでに2週間程度を要すること、流行期が毎年12月~3月であることから、毎年11月初旬までにワクチン接種をする事が望ましいと考えられます。

 当院におきましては、10月下旬より接種を開始すべく準備をしております。
皆さんに行き渡るようにワクチンを用意いたしますので、
当院職員より広報があった際にはご予約をお願い致します。

インフルエンザにかからないためには・・・
外出後の手洗い、うがい
適度な湿度の保持(50%〜60%)
十分な栄養とバランスのとれた栄養摂取
止むを得ず繁華街等へ外出する際はマスク着用
インフルエンザにかかった場合・・・
安静にして休養と十分な睡眠をとってください
水分を十分に補給しましょう
咳等の症状がある場合は不織布性マスクを着用しましょう
無理をして学校や職場に行くのは控えましょう

 本格的な流行に備え、うがい・手洗い・マスクの着用等、各自で予防対策をしっかり行ってください。

 また、当院では今年度よりインフルエンザ罹患者用のベッド(右図)を設置し、感染対策の強化にも取り組んでおります。
療養環境につきましても「患者様第一」を心がけてまいります。よろしくお願いいたします。

医療法人社団 茅ヶ崎セントラルクリニック
理事長兼院長 岩尾 總一郎

Copyright © 茅ヶ崎セントラルクリニック.All rights reserved